信念の強度

信念とは言葉にすると簡単だけど、

その本当の強さは数値で計れるものではないから、

いまいち実体のないものでわかりずらい。

お店を始める前に読む書籍のほとんどに、

何よりも信念が大切だと書いてあった。

わかるようなわからないような。

確かにその時は強い気持ちで向き合っていたけど、

今思うと昔の頃に持っていた信念は

生半可なものに思えてしまう。

核となる気持ち、大切にしたい価値観、

幸福の優先度、何を、誰を守りたいか、

全部を信念といえば聞こえはいいけど、

捉え方によってはわがままで、傲慢で、

頑固で、自己中心的だとも言えなくない。

世の中にはいくら強い信念を持っていても、

何らかの事情で夢や目標を諦めざるを得なかった

人たちもきっとたくさんいる。

叶わなかった信念が弱かったのかというと

絶対にそうとは言い切れないし、

ひとえに正解はひとつとは限らない。

やり抜くための信念の強度とは、

どこまでいっても完成するものではなく、

追い続けないといけないものだと思う。

それに自分がお客様の立場だった時に、

どんなサービスにおいても信念を持って

取り組んでいる姿勢はなんとなく感じるもの。

オーラというか、空気感というか。

技術やテクニックでは決して得ることのできない

生きていくための大切な要素。

もっと強く信じて念じていかないとまだまだ足りない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

価格の壁

次の記事

直接会うこと