挑戦のめぐみ

今までやったことないことに対して、

勇気を出して行動することを挑戦と呼ぶ。

人間はそもそも本能的に生存したい気持ちが強いので、

挑戦せずに身を守るほうが理にかなっている。

でも不思議なことに人類の進化は、一部の挑戦者たちが

もたらした現象だと言っても過言ではない。

命の危険をも顧みずにやってみようとする精神。

もっと世界をよくしたいと願い新しいことを始める。

そこに至るまでの過程は、本能に逆らっているのだから

苦しくて辛くて大変な道のりだとわかっていてもだ。

それほどまでに先に描く未来への希望や願望の効力は、

エネルギーの源泉となり行動を推し進める。

時には周りの人に反対されることもあるだろう。

他にも犠牲にすることがたくさんあるだろう。

それでもやってみたいという欲望もまた本能の一部だ。

怖くて、不安で、孤独で、眠れない夜を乗り越えていく。

もう後戻りはできないくらいに迷い込んだ道は、

前に進むという選択肢しか与えられていない。

その先に失敗なんて言葉は存在しない。

全ての出来事が自分の体験となり糧になるから。

もし思ってたのと違うかったら軌道修正すればいいだけ。

次はどうしようと考えることができる。

論理的には間違ったことが一つ減ったから、

その分成功の確率が少し上がったことになる。

人は表側の世界しか見ようとしない。

多くの成功美談の裏側には失敗物語が潜んでいるもの。

何かにがんばってる姿はやっぱり美しい。

そこには心を震わせるような感動があり、

自分もがんばろうと思えるいい影響を与えてくれる。

人間賛歌はこれからの未来を良くするために必要な精神だ。

正直、どんな結果になろうとも

挑戦したことそのものに意味があると思っている。

そして世界中におけるその小さな行為の集積が

人類を前に進めているとも言えるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

外からの評価

次の記事

終わりなき欲の果て