温度のある行為

これはやっぱり年を重ねると感覚的にわかるようになってくる。
その奥にある熱量というか姿勢というか。
消費者と末端で接する、特に接客やサービス業なんかは
たとえアルバイトでも、やりがいを持って取り組んでる人は
接していて気持ちがいいし、選択できる余地があるなら
次は、その人を自然と選んでしまう。
反対に、やらされてる感の漂った人だと足が遠のくし
そのお店なり会社なりの印象も悪くしかねない。

そもそも、愛情の込もったサービスを受けたとしても
受け取る側の感度が高くないと、その愛をうまくキャッチできないはず。
その感受性を育てるのは、やっぱり教育と環境が大きく左右するのかな。
もしくは、人を傷つけた体験が人に優しくすることを学ばせてくれるのかな。

人間の営みとして、あらゆる行為に温度があった方がいいわけで、
まずは自分から発信しないといけない。
相手から受け取る分も、その温度を敏感に反応できる感受性を
整えておかないと相手に失礼だ。
ホワイトデーという行事スタイルは、
しないといけない感が出てしまって、どうもうまく温度を伝えづらい。
バレンタインデーもホワイトデーもどうせなら同じ日にしてほしい。

関連記事

  1. アンサングな人たち

  2. 経験からの気づき

  3. つらいことがあった時には

  4. 本気を忘れないように

  5. 文化の違い

  6. からっぽになる