環境で変わる

環境は良くも悪くも人格の形成に大きく影響する。

自分の居場所をどこに見つけるかが、とても重要になる。

何が良くて、何が悪いのかの判断がむずかしい。

例えば、生まれた時からオオカミに育てられたら、
もののけ姫のサンのようになる。たぶん。
職場の上司や同僚などの悪口を言い合っていたり、
劣悪な労働環境だと、その世界が当たり前になってしまい
他の選択肢があるという選択肢を見失ってしまう。
社会を変えようと意気込んだ政治家が、
古い慣習の波に呑まれてしまうように。
もちろん、いい環境に身を置いた方が、
成長のスピードは早いし、楽しみも多い。
いい刺激を与え合えるような競争相手がいるとか。
もうそれは人がそもそも持ってる慣れの恐ろしさで、
体は生存するためにも、
安全を維持しようと慣れることを優先する。

どうしたら自分の居場所を見つけられるか。

いかに自分を俯瞰して見れるか、客観視できるか。
他にいい環境があると知ること。
思考を止めずに考え続けること。
ストレスが大きくて、生きた心地がしないのなら
今いる環境から逃げてしまえばいい。
守るものがあるとむずかしいけど、
以外となんとかなったりもする。
それを実行に移す準備と勇気が必要だと思う。
そう自分に言い聞かせています。

関連記事

  1. 消費社会とマーケティング

  2. やりがいと生きがい

  3. 第三者として

  4. なぜ人に作ってもらう料理は美味しいのか

  5. 捨てる勇気

  6. 長い目で見ることの大切さ