たまにある試練

たまに焦るほどの遅刻をします。
遅刻と言っても、決められた時間に出勤しないといけないわけじゃないから
予定してた時間から遅れてしまうという意味合いです。
まあほぼほぼ、起きれないという理由です。
予約の状況や仕込みの段取り次第で、仕事を始める時間は日によって様々。
お断りしておかないといけないのは、遅刻をしたからといって
クオリティを落としてるわけではなくて、限りなくお客様に迷惑もかけてません。
不思議なことに、準備をする時間が短くなってしまった分、超集中します。
無駄のない動きをするようになるし、優先順位の見極めが鋭くなり、
段取りが的確になり、どうしても物理的に不可能なことがあるならば、
それに代替するアイデアが新しく生まれたりもします。
結局、この時間でも間に合うのなら、
普段いかに無駄のある動きをしてるのかと気付かされます。

たまに教えてくれてるんだと思うのです。
そんな早く行かなくても間に合うから、もうちょっと寝たほうがいいよ、と。
でもたまにです。
毎日が超集中状態だと心も体もちぎれます。
こんな日に反芻する言葉が自分の中にあるんです。
「世界は間に合うようにできている」

関連記事

  1. 人道を考える

  2. アレルギーが教えてくれてること

  3. 周回遅れ

  4. 互いに影響を及ぼし合う

  5. 読書の秋というか

  6. 合理的な恋愛