伝えるむずかしさ

何かを伝えようと思ったら、相手に届かないと意味がない。

伝わってこそ、伝えたことになる。

いくら言ったと主張しても、聞こえてなければ意味がない。

言った言ってないは、よく喧嘩のもとにもなる。

でも伝わるのはそう簡単じゃない。

どんな会社も自分の商品の良さをわかってもらうために、

言葉を尽くして、映像を尽くして、

宣伝をしてプロモーション活動に励む。

買いやすくするために、人間の心理をうまく利用したり、

見栄えを誇張したりして、消費者の購買欲を促していく。

どれだけいいものを作っても、その存在を知らなければ

試すこともできないなから、良さすらもわからない。

日本は昔から職人的な技術力は高い方だから、

日本中には、ジャンル問わず良いものがたくさんあって、

伝わりきらずに眠ってるものが多いような気がする。

作る人より、伝える人の人手不足。

そして往々にして、作る人は伝え方をよく知らない。

こんなにいいものを作ってるのに、

誰もわかってくれないと嘆いてみたり。

今でこそ、SNSの恩恵で宣伝はしやすくなったけど、

最近はコモディティ化してるような気がする。

キャッチコピーで言葉を操り、

デザインで視覚に訴えかけ、どの層に届けるか

マーケティング要素も重要になってくる。

伝える仕事を細分化すればプロがたくさんいるように、

作るより伝える方がはるかにむずかしいと思う。

関連記事

  1. 少し減らすという努力

  2. 表現の課題

  3. 丸のような多面体

  4. 感情の抽出

  5. 関係性ディスタンス

  6. デジタルアイデンティティを育てていく