揺れることもある

お客様に作りたてを食べてほしいという気持ちは、

どこからやってくるんだろう。

すべての料理において作りたてが美味しいとは限らない。

マリネ系は寝かせることによって美味しくなるし、

温かい料理はやっぱり出来立てが一番美味しい。

それぞれの料理にベストな状態はあるけど、

最終的には人の好みに集約されていく。

冷やご飯が好きな人もいるし、

温かいキッシュが好きな人もいるだろう。

でも、どのお店も提供する瞬間が、

ベストな状態であるように意識して作っている。

お弁当というジャンルを選んでおきながら、

一人で作業しないといけないにもかかわらず、

揚げ物やご飯は1秒でも温かいうちに食べてほしいと願う。

時間に合わせて仕上がるように工夫をしているから、

遅れて取りに来られたりすると、少し悲しくなる。

たくさん注文が入ると、直前に仕上げていては

とても間に合わないので、温度には妥協せざるをえない。

指定の時間にお渡しすることが最優先だから。

一般的にもお弁当は冷めているもの、という認識が

強いと思うから少し甘たりもしているけど。

とにかくいい状態で提供するということが、

譲れない性分で、業態構造に支障をきたしているのは事実。

何を変えて、何を変えなかったらいいのか。

何を守り、何を壊さないといけないのか。

いまだに答えは出ないし迷いは尽きない。

生きてるうちにこんな体験ができるのは、

贅沢なことだと思おう。

関連記事

  1. 自分の人生に集中するために

  2. いつまでも未熟

  3. 月が見える朝に

  4. 健康という概念、養生という考え方

  5. 意思を育てる

  6. お弁当の世界線