ひとつだけのお店

今日はちょうど1ヶ月ぶりの通常営業だった。

久しぶりで少しドキドキしたのと、テイクアウトも同時進

行だったのでなんとなく落ち着かなかった。

でもパスタが食べれてひと安心。

お店はそのままだけど新しい営業形態になってどうなるこ

とやら。

なんか一年ごとに形態が変わってる気がするけど、それな

りに熟考した上での決断なのだ。

客観的に見ても何のお店なのか自分でも人に説明しづらい

から、きっとお客様も同じように惑わせてるに違いない。

自分の中では明確にわかっている考えでも、感覚として捉

えてる部分も多く、的確な言葉にすることが難しいし、相

手に本当の意味で伝わっているかどうかはどこまでいって

もわからないもの。

だからと言って伝える努力を怠ってはいけないし、発信す

る場所を失ってはいけない。

お店というのがまさに思想を発信する場所そのもの。

どんな想いで作っているのか、お客様にどんな気持ちにな

ってもらいたいのか。

記憶にもない何気ない一言でも、たった一人の誰かの心に

深くささって人生を変えることがあるかもしれない。

インターネットは、早さや便利さよりも遠くまで届く可能

性のあるところが最大のメリットだと思っている。

今も昔も相手に何かを伝えたいという気持ちは人が根源的

に持つ欲求だから大事にしていきたい。

何がやりたいのか何が言いたいのか理解してもらえない

かもしれないけど、ここにしかない唯一無二のお店である

ことは確かなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

一人という制約

次の記事

ヘルスパフォーマンス