いいものを使いたくなる

希少価値、数が少ないからといっていいものとは限らない

けど、質がいいものはやっぱりある程度価格が高い。

いいものを実際に体験してしまうと、もっとそれ以上とか

現状維持しようとする方向に力学がはたらくのが人間の性

質で、それ以下に落とすのがむずかしくなってくる。

化粧品とかファッションとか暮らしとかお金の使い方とか。

料理を食べる方は安くても美味しい食材はたくさんあるか

らそうは思わないけど、料理を作る方はもっといい食材を

使いたいという気持ちになる。

そこにはお客様にもっと美味しいと思ってもらいたいや、

もっと喜んでもらいたいの感情も含まれている。

単純に食材の値段が2倍高いからといって、美味しさが2

倍になるわけではないので、適正を見極める目利きはしな

いといけない。

足るを知って、自分の器量に合った料理を作る。

とはいえ世界の動向も相まって質の同じ食材でも価格だけ

上がっていく傾向にあるのが悩ましいところ。

食材の値動きに対してメニューの価格を変動させていたら

けっこう大変な作業になる。

いいものを使いたくなる上に、食材の価格の高騰が重なる。

現状のレベルを下げるのはお店の尊厳に関わることだし。

業界の価値が上がったり、技術に見合う価格になるのはい

いことだけど、いいものが使いづらくなったり、たくさん

の人が安いものをたくさん食べるようになって健康を害す

るようなことが増えるのも考えもの。

こんな小さな世界でさえ人間は欲深い生きものなんだなあ

と、あらためて認識した次第でした。

PAGE TOP