センスについて

センスを言葉で表現するのはむずかしい。

感覚や感性によるところが多そうだ。

よくセンスがいいね、なんて言われることもあるけど、数

値化された基準があるわけではないので恐縮と謙遜するし

かないし、特別意識して磨いているわけでもない。

遺伝や育った環境や性格、どれもしっくりこない。

ある本には知識を状況に合わせて最適化することだと書い

てあったのは腑に落ちた。

何かを決める時、自分の中に選択肢が多ければ多いほど組

み合わせも掛け算になるので、どれが一番適切なのか導き

やすくなる。

選択肢を増やすということは知識の量を増やすということ。

その上、自分は何をセンスがいいと思っているかをよくよ

く知ってないといけない。

でもそれだけだと歳を重ねている方が有利になってしまう。

子供や若者にもセンスがいいなと思う場面に出くわすから

一概に知識の量だけとは言い切れないような気がする。

個人的な見解では、知識があることを前提に”実体験”と

”思考量”も加味した方がいいと思っている。

実体験は言わずもがなで過去の失敗があるからこそ次に活

かそうという気持ちになれる。

思考量は普段から何を考えているか、何を見ているか、ア

ンテナを常に張っておくことが潜在的に記憶に残っていて、

いざとういう局面でアイデアが出てきたりするもの。

それらが複合的に絡み合ってこそセンスが発動するのでは

と考える。

それでもセンスはやっぱり言葉では説明しきれない概念だ

から、つくづく人間は高性能な生きものだなあと感慨深く

なる。

関連記事

  1. 忙しさについて

  2. 情熱をもって

  3. 自分の意見があること

  4. ふたつの世界

  5. 成長とはただ盲目に生きること

  6. ファーストフードのジレンマ