街をつくるお店

飲食だけに限らずどんな業界も大きな資本を持っている企

業が、どんどん小さなお店を減らしていく。

昔に見た商店街の風景も観光地などでたまに見かけると懐

かしく思えるようなった。

小さな書店なんて顕著にAmazonに駆逐されている。

大型商業施設もどこも似たり寄ったりで、どの街に行って

も個性が感じられない景色が多くなった。

そんな風に他の業種のことを思うと、飲食店ってまだまだ

可能性があるなあと気づく。

畳屋さんとか金物屋さんとかゲームセンターなんて、どう

がんばっても個性を出しにくい。

小学生時代の友達のカメラ屋さんはどうなったのだろう。

そう考えると飲食店はなかなか大きな資本に吸収されづら

いから少しだけ有利だなと思った。

街の雰囲気をつくっているのはお店の個性だし、そのお店

をつくっているのは店主の個性だ。

どれだけの人が自分の住む街を大切にしてるのだろう。

先の見えない不確実な時代にみんながんばっている。

そんな個性の活かされる飲食店ですらコロナ禍で変わって

しまった人々の行動様式によって、厳しい現実と向き合っ

ているという状況。

それでも新しいお店が意外と増えてきているのは、こんな

状況だからこそ何かを始めたいという希望と、お金の借り

やすさが背中を押しているからだと思われる。

そう簡単なことではないんだけど、と内心は思いながらも

応援したい気持ちもあるし複雑な心境になってしまう。

がんばり方もむずかしい世の中になってきた。

これから先どんな風景が広がっていくのか。

間違いなく言えるのは自分だけの問題ではないということ。

考えよう、考え続けよう。

関連記事

  1. ぼくの料理観(前編)

  2. 変わるもの、変わらないもの

  3. 働く人たち

  4. 他と比べてどうかなんて

  5. インフレのいいところ

  6. 電子レンジとオーブン