なにごとも循環

何かを食べたら身体に必要な栄養だけを吸収して残りは外

に出ていく。

細胞自身も日々生まれ変わりながら平衡を保っている。

つまりはそういうことで、生命の大原則がそうなっている

のだから、いろんな周りの出来事もそうなっていておかし

くはないはずだ。

考え方も思考も予定の管理も悪口も。

インプットばかりしていてもアウトプットしていかないと

頭の中は整理されないままだし、準備ばかりしていても実

際に行動に移さないと意味がない。

予定を入れすぎると心が疲れてしまうので、何もない日や

何もない時間をあえて作ることにしている。

つらいことや嫌な思いをした時は、一人で溜め込まずにだ

れかに話したりすると楽になれるように。

たとえだれに読まれなくても、こうして書く場所があるこ

とは思考の整理になるし、考えを言語化する練習にもなっ

ているのでメリットは大きい。

外に出して循環させるということ。

身体にいいものを食べると健康にいいように、情報も良質

なものの方がきっと脳にいい。

今は情報がたくさんありすぎていて、自分の人生にまった

く関係のないことやネガティブなニュースも多く見られる。

何をいいと思うか、何が良質であるのか、本質を見極める

力がけっこう大事になってくると思う。

それに自分だけで溜め込まずに必要としている人に、出し

て発信することでまた新しい情報が入ってくる。

その繰り返しを循環させることによって人生の巡りもよく

なるのだ、惜しみなく、もったいぶらずに。

関連記事

  1. センスの軸

  2. 身近にある美味しさ

  3. 都会とか田舎とか

  4. センスは記憶

  5. 穏やかにつくる

  6. 金沢で感じたこと