何かを始めること

お店をしていていいことだなあと思うのは、

いろんな人と関わりがあるということ。

老若男女、職種の違い、小さな世界の多様性。

他の職種だとそうもいかない。

どれだけ関わるかにもよるけど、

いい体験をさせていただいている。

知らない世界の気づきや学び、視野が広がる。

今年、還暦を迎えるという方がYouTubeを始めたと教えて

くれた。

それはもう拍手をしないわけにはいかない。

たまにSNSでも見かける高齢の方の挑戦は本当に尊敬する。

若さも老いも関係ない、

やる人はやるし、やらない人はやらない。

その方は今やらないと後悔するからと言っていた。

始めるまでにも時間はかかったと言っていた。

それでも始まりの地点に立てたことが素晴らしい。

挑戦をすることが美徳というわけでもないけど、

自分の人生を生きているところがいい。

空気が支配する国民性の中で、

周りからどう思われようと進んでいく勇気よ。

見習いたいけどYouTubeは自分に合っていない。

それを苦手だと言ってる時点で悔しいけど負けている。

始めること以上に、続けることもまた大変。

続けないとわからないことがあるし、

続けてもわからないことがあるから、

辞め時を決断するのもまたむずかしい。

費用対効果よりも人生の充足感。

人それぞれに人それぞれの幸せがあるから、

余計な口出しは何もしない、ただ応援するのみ。

違う形でそのエッセンスだけ見習おう。

never too late。

関連記事

  1. 嘘をつけない人たち

  2. 表現とは

  3. どうせ死ぬならおいしいごはんを

  4. 相手のためにできること

  5. AIとの共存

  6. わかっていても