限られた制約の中で

料理は食材から考える。

滅多に先に料理が決まることはない。

季節のもの、旬のもの、珍しいもの、お買い得な食材に惹

かれる。

都会の大型ショッピングモールより、地方の道の駅や直売

所の方がずっとおもしろい。

適正な量を見越してとりあえず買ってしまう。

それからその食材をどう料理をしようか、何と組み合わせ

ようかと考える。

そんなに大げさなものではないけれど。

決まらない時の苦しさは本当に辛いものだけど、決まった

時や新しい組み合わせが浮かんだ時はとてもうれしい。

制約は時にクリエイティブを生む。

相手に何を食べたいかと聞いて、なんでもいいと答えられ

るほど困ることはない。

ある程度、テーマやジャンルが絞られている方が発想がし

やすくなるというもの。

だから食材を先に買う方がアイデアは生まれやすい。

俳句も短歌もTwitterも文字に制約があるから、その中で

どうしたらうまく伝わるのかを考える。

よくよく考えてみたら今の世の中は制約だらけ。

コロナによる自粛モード、経済の低迷、不確実な未来。

表向きは自由が奪われているように見えるけど、頭の中の

自由は未知の領域。

今持っている手札で自分に何ができるのか。

食材から料理を考えるように、

限られた箱の中で世界観を表現するように、

制約の中から新しい発想を見出していく。

まだまだできることはあるはず。

関連記事

  1. 飽食の時代

  2. 心の隙間

  3. 環境が教えてくれること

  4. 経営失格

  5. ちょうどいいところ

  6. 納得がいくまで