高級料理店に思うこと

料理の値段の高いお店は本当に果てしなく高い。

星で格付けがされていたり、メディアで騒がれたり、

食材の値段だけではない付加価値が足されていて、

空間やサービスや希少性も含めて、

一流のブランドになってしまえば、

社会的地位の低い料理業界にも希望が見えてくる。

でも当然そこに行けるのは一握りの猛者たちだけ。

シェフのビジュアルやカリスマ性も必要だろう。

でも思うのは、どの業界も同じかもしれないけど、

決してその道が正解とは限らない。

ひとえに高ければいいってものじゃない。

3倍の値段が3倍の美味しいとは言い切れない。

感動や満足にその価値があるかどうか。

必ずしもお金という尺度だけでは計れないものがある。

ラグジュアリー感はいくらでもお金で買えるけど、

信頼や関係性はいくらお金があっても買えないはず。

煌びやかにもてはやされる情報は、

ごく一部に人しか利用できなかったりする。

高級料理店で食事ができるなんて、

きっと世の中の多くの人は手が届かない。

個人的にもそのような体験をしたことがないし、

勉強のために一度くらいは味わいたいと思うけど、

特にそこを目指したいとも思えない。

今、個人店を中心に単価が上がりつつある気がするのは、

コロナ禍でやっていくための必然の方法とも言えるけど、

敷居が高くなり、普段使いにできなくなるのは、

少し寂しいような気がする。

経済的な不安は高まる一方だし、

給料が上がっていくわけではないし、

消費に使えるお金も限られてくる。

予約が取りづらい高級なお店もいいけど、

お金以上の食体験を得られるお店は、

目を凝らしてみれば、自分の街のすぐ側にあるもの。

それらをもっと見えるようにしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

あいだにあるもの

次の記事

軸のある変化