共感のジレンマ

お店というのは不思議なもので、自分の波長に合った人が

お客様として自然と集まってくる。

それはSNSでの発信だけでも投稿者の雰囲気はなんとなく

伝わってくる。

頭で考えている以上に、人は物事を感覚で判断している。

なので、ある程度、共通言語の備わったお客様が多いので、

共感できる部分が多いから話は早い。

どのような価値観を持っているか、何を大事にしているか、

食に対する考え方、飲食店の選び方まで。

その気持ちわかります、と頷くことが頻繁にある。

趣味や嗜好の合う人と話す時、急に距離が縮まるように、

人は他者と共感できた時、心地よくなれる。

その話題がニッチであればあるほど距離はぐんと近くなる。

インターネットがない時代は情報が遮断されていたので、

共感できる人の少ない人は居心地が悪かったけど、

今は世界中がつながったことで自分に共感できる人が

見つけやすくなったのは、インターネットの一番の大きな

恩恵だと思う。

しかし飲食店においては、遠くの方に共感できる人が

見つかっても、食べるという行為は実際にお店へ足を

運ばないことには体験ができないのがつらいところ。

物理的な距離がネックになってくるのだ。

どれだけ自分のお気に入りのお店が見つかっても、

遠かったり、何かのついでがないとなかなか行けない。

ネットショップなどオンラインで商品を購入できる機会も

増えたけれど、料理はどこまでいってもオフラインの体験

価値の方にまだまだ軍配が上がるのではないだろうか。

共感できることは心地がいいけど、もっと実益に結びつく

ような何かがあればいいなと、もどかしい気持ちでいる。

関連記事

  1. 採用の変化

  2. 最後の挑戦

  3. モノも電気も

  4. わかる人だけでつながる

  5. 書き続けて

  6. 遠くまで届ける