感情は流れていく

毎日のように書くテーマをうんうんと悩んでいる。
瞬間ごとにいいテーマが見つかった時は、すぐにスマホに気づきをメモするのだけど、いざ書こうと後で見返してみるとまったくテーマを広げられないことがほとんど。
頭の中で考えていることもきっと鮮度みたいものがあって、時間が経つにつれ状態も変わっていくように思える。
それくらい思考というのはつかみどころのないもの。
その時その場面で何かしら形にしないと自然と消えていく。
消えていくくらいのことだから重要なことではないかもしれないけど。
感情も同じようなもので辛いことや楽しいことはずっととどまっていない。
気分が落ち込んでいる時はこの世の終わりみたいに思えるけどそのうち回復していくし、嬉しいことがあった時も次第に薄まっていくようにできている。
いい意味でも悪い意味でも人間の記憶処理能力は、どんどん入れ替えていく方が進化の過程で環境に最適だと遺伝子が判断したのかもしれない。
忘れてしまうような考えや思い出は忘れてしまえ。
本当に大事なことは手の届くところにちゃんととどまっている。

関連記事

  1. 孤独との戦い

  2. 混ざってグラデーション

  3. 食べに行く

  4. 表現の課題

  5. ちょっとした未来予測

  6. だれのための時間か