やりたいことの見つけ方

本当にやりたいことってそう簡単には見つからないもの。

大学生の息子は何がやりたいかわからないと悩んでいた。

よく若いうちにやりたいことを見つけようなんて言うけど、

それってけっこうハードルが高いと思う。

だってまだなんの経験もしていないから。

ましてや今は制限された環境の中で、同じ毎日を繰り返し

ていたら外からの刺激も少ないので余計に見つかりにくい。

今は選択肢もたくさんあって、どんどん新しい仕事も増え

ていってる。

やりたいこととか好きなこととか自分に合ってることって、

動いて実際に体験してみないことには分かりようがない。

どれだけ自己分析して頭で考えても身体性が伴わないと、

限界があると思っている。

だからといってなんでもかんでもやってみる時間もないの

で、少しでも興味のあることはとりあえずやってみる、と

いうスタンスがいいのでは、と伝えてみた。

正解はないし成功の法則もないし、けっきょくどんな本に

も誰のアドバイスにも絶対的な答えはないから、自分で考

えて自分だけの答えを見つけるしかないのだ。

やってみて自分に合わなかったら、それが自分に合わない

とわかったことがひとつの収穫になる。

その積み重ねをすることで本当にやりたいことの輪郭が見

えてくる彫刻のようなものかもしれない。

本人の口からも、やりたいことを見つけるためには、まず

やりたくないことを見つけることか、と漏らしていたので

本当にその通りだと思った。

時間を超えて点と点がやがて線になっていく。

パラダイムシフトが起こっているさなかで、Z世代の若者

たちの未来はどうなっていくのだろう。

息子と話したことを過去の自分にも言ってあげたい。

関連記事

  1. 長い目で見る

  2. ストーリー理解や意味付けにどんな意味があるのか(質問回答編#8)

  3. つまるところ人の魅力

  4. 悪いアウトプット

  5. 内発的動機からはじまる

  6. 記憶に残る人