なかなか決まらない

定休日が月火の週に2回、いわゆる週休2日。
個人の飲食店で週に1回の休みはほんとに尊敬する。
普段できない買い物とか準備とかを休みの日に
しないといけない場合が多いから。
個人事業主は会社員と違って、
休みの概念が少し違うことを考慮しても。
例に漏れず、火曜日はいつも買い物や次の日の仕込みで
ほとんど1日を捧げることになる。
月曜日は比較的、心も体も空白を作るようにしている。
1週間のメニューや動きなどは、だいたい火曜に決める。
というか、ギリギリにしか決めれないタイプで
これがけっこう永遠の悩みになりそうな予感がしていて
精神的な負荷がわりと大きい。
もっと前もって準備ができないものかと自分を責める。
悩んだあげく、メニューはそんなに変わってなかったりで
さらに後悔し自己嫌悪に陥る。
悩みのない人生なんてつまらないと嘯きながらも
問題に直面してる時は、息を切らしている。
最終的に準備は間に合うのだけれども。
やっぱり効率よく、生産性高くできることが目標だし、
時代の流れも、ぐんぐんそちらに向かってるけど、
どうしても不器用さが一向によくならない。
手を汚さない料理や、時短料理、
いかに時間をかけないかを競ってる中で、
いつまでも料理は手間暇かけてこそ、なんて言ってると
きっと流れずに澱んでいくんだろうな。
今、料理の価値観も、大きく変わりつつあることと
真剣に向き合っていかないといけなくなってきた。
そう肌で感じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

内なる消費

次の記事

わかるとうれしい