わかるとうれしい

今日、ある保育園からのご予約で、
たくさんの注文をいただいた。
量がわりと多かったので、何かの集まりかと思いきや
職員だけで食べられるというお話でして。
動機を聞くと、
これを食べて元気を出そう、ということでして。
そんなふうに言ってもらえて、
うれしかったのと、役に立てれたことに
あらためて、そういうのが見えるといいなと思った。
食べる動機はもちろんお腹が空いたら食べるわけで、
眠たくなったら寝るように、
意をもよおしたらトイレに行くように、
もともと本能的に備わってる身体の機能だけど、
食事をすることだけ、そこに動機がたくさんある。
お祝いであったり、デートであったり、
家族や友達や初めて会う人だったり、
繋いでくれるものや、記憶に残るものなどなど。
もちろん、ただお腹が減ってとりあえず食べる人もいる。
でも、普段はお店側とお客様の間で、会話をしない限り、
なぜ食べるのかなんてわからないし、
いちいち動機なんて聞いてもいられない。
だけど、そんな些細な情報がわかるだけでもうれしいし、
励みになるし、貢献できた感じがする。
それはサービス業ならではの、やりがいの本質。
もっと言えば、きっと誰しもが潜在的にもってる気持ち。

保育士さんってほんとにえらいと思う。
それでも笑顔でがんばってる。
元気出たかな。
お役に立てたかな。

関連記事

  1. はたらく意味

  2. 力を抜いて

  3. 向こう側にだれかがいるだけで

  4. その食事、強風につき

  5. 他愛もない夏至

  6. つまみ食いからの回想