レストランで食事をするという有意義

人はだれしも1日のうち、2、3回は食事をする。

1食1食を大切にしてる人は稀だと思う。

みんな何かしら忙しいから、時間もあまりないし、

なによりこだわりすぎると出費も大きい。

だれだって毎食美味しいものを食べたいと願っているはず。

世の中にまずいものはそんなにないけど、

あまり質素になりすぎると、心が寂しくなってしまう。

食べるという行為は、一番身近にある

幸せを感じれる瞬間なので、疎かにしてほしくない。

日本は外食といえば、家族という単位ですることが多く、

ファミレスや大手チェーン店がひしめいてるのは、

きっとそういう文化が原因なのかもしれない。

フランスでの外食は、夫婦や恋人という単位を

大事にしていて、子供を預けてでも、

レストランで食事をするという文化を大事にしている。

国が違うのだから、文化も違って当たり前だけど、

そんな風景が素敵だと思ってしまうのは気のせいでもない。

モノを増やし体裁を整え、見栄えのためにお金を使うのは

その瞬間の喜びは大きいけど、消費して終わってしまう。

反対に、時間や体験にお金を使うと、

食べたら消えてなくなるように、

物質的には何も残らないけど、投資になるし、

その思い出は記憶に蓄積され、未来に活きていく。

今までよりも少し多い頻度で、

大切な人とゆっくりレストランで食事をするような

時間をつくると、きっと人生は有意義なものになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

言葉の扱い

次の記事

深く味わうために