深く味わうために

料理はつまり食材同士の組み合わせでできている。

定番の組み合わせから、相性のいい悪いまで、

何と何を組み合わせるかから始まり、あとは

作り手の知識と経験とセンスとさじ加減で味が決まる。

クラシックな伝統を守るのも素敵な考え方だし、

イノベーティブな新しい味に挑戦するのもワクワクする。

お客様の反応も見ながら、試行錯誤を繰り返し、

自分の中で感覚的に決まる瞬間が見つかると

料理人としては、この上ない幸せだ。

絶対的に美味しい料理は存在しないと思っていて、

味覚は人それぞれ、環境や文化の影響で違いがあるのに

その料理が美味しいと思えるということは、

作り手のセンスや思想に共感した結果、とも言える。

味以外のビジュアルや雰囲気などの要素もあるけど、

類は友を呼ぶ効果は、あながち外れではない。

料理の組み合わせも、人の組み合わせも、正解はなく

何を正解とするか自分で決めればいい。

自分の基準を決めることなく、

流行ってるからとか、人気があるから、映えるから、

グルメサイトの点数が高いからといって、

美味しいお店とは限らないし、美味しかったという

感想だけでは、料理を味わい尽くせてないような気もする。

同じレシピでも作り手次第で味が変わるように、

その差は、作り手の経験や技術はもちろん、

思想も大きく関わっているような気がする。

関連記事

  1. ぼくの料理観(後編)

  2. 言葉であらわせないもの

  3. 第三者として

  4. サステイナブルを目指して

  5. だれのためなのか

  6. 視座をあげて