体を整える

生まれてはじめて整骨院に行ってみた。

若い頃は早く大人になれることに憧れていたものの、

一生懸命生きて気づいてみれば、もういい歳になった。

わりと大きな病気もせず健康に過ごしてきたけれど、

紹介もあって興味津々で整骨院へ行くことに。

身体を丁寧に診てもらったわけだけど、

当たり前に人間の構造は基本的にみんな一緒なので、

ズレや歪みを見つける感覚は、さすが道を極めている。

触診で見事なまでに良くないところを言い当てられ、

ただただプロフェショナルな仕事ぶりに感服した。

健康だとは自負していたものの、

飲食業界は一日の大半は立ち仕事なわけで、

長く続けてると、それなりに体は歪んでいたようだ。

整えるといいうか、元に戻すというか、

本来の人間になるだけで、世界の見え方も変わり、

いろんな物事がすっきりすると言う。

至極当然な営みを人間は、社会を形成していく上で、

無駄に複雑にしているような気がした。

誰のせいでもなく、今に至るまでの人生を選んできたのは

自分なのだけれど、環境の圧があることも否めない。

進化の加速は止まることを知らない流れの中で、

今でこそ資源の有効活用、片付けやミニマルな動きが

意識されるようになってきたけど、

普段都会の生活でシンプルに暮らすのもなかなか難しい。

本来あるべき姿に戻るために、心も体も整えていく。

脳がクリアになり、痛みが治るなら、

できる限りの努力はしてみようと思った。

でも簡単なことほど難しいことはないんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

感情の抽出

次の記事

原動力となるもの