写真にしか残せない風景

写真が上手だと周りからよく言われるけど、

とくに専門的に勉強したわけではない。

光の強弱とか、揃えるとか、全体の構図とか

基礎的なことはなんとなくわかっているつもり。

いろんな撮り方に挑戦してるわけでもないから、

ハズレが少ないということだけかもしれない。

ありのまま自然な状態で写したいとは願っている。

普段そこにないものを、写真を撮る時だけ、

見栄えのために飾ったりはしたくない。

だってそれは嘘をついてることになるから。

不自然や違和感が生まれてしまう。

今は加工技術も進化しているので、本来見えてるものが

本当なのか嘘なのか、たまにわからなかくなる。

宇宙の歴史から見れば、写真で切り取った風景は、

ほんの僅かな刹那で、二度と返ってこない時間。

そこに写る風景は、唯一無二のとても貴重なもの。

昔は気軽にシャッターを押せなかったし、

写真が出来上がるまでの時間も楽しみだった。

写真一枚のありがたみが今とはぜんぜん違う。

便利さが増すことによって、量産が可能となり、

モノや体験の価値は次第に下がっていってしまう。

料理もそれと似ている。

昔は、食べるものも食べる場所も少なかったから、

小さい頃の外食はとても楽しみなものだったし、

その体験の記憶は未だに強く残っている。

今は、いろんなものが溢れすぎていて、

ひとつひとつの体験価値は下がり、記憶にも残らないほど

味気ないものになってしまっている。

写真にしか残せない風景があるように、

食べることもまた、本来備わっているはずの、

ありのままの姿を違う角度から再確認できたなら、

まだまだ残せる風景があるかもしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

正解のない料理

次の記事

比べられないもの