静と動

年が明けると前向きに気持ちの入れ替えができるので、

新年を迎えるというのは、とても意味のあることだと思う

けど、地球からしたらいつもと同じ自転には変わりない。

物事に意味を与え、それを信仰するのは

人間のいいところであり、悪いところでもある。

そんなことはお構いなしに、時間は流れ、地球は回り、

自然はありのままの姿でただ佇んでいる。

そんなめんどくさいことを言いながら自分も、

年が変わる境目を機会にして、人生の節目を迎えた。

常に過去の経験を総動員して次にとる行動を決めてきた。

お店を始める前も、その結果の産物であり、

今回の決断も、お店を運営した、という経験がひとつ

加わった上で導き出されたアクションプランになる。

料理を作るというのは言っても体力仕事で、

今まではただひたすら体を動かしてきた。

歳を重ねるとどうしてもこのままではいけないと

考えるようになるし、考えないといけない。

まだまだ元気だけど、先を見据えた時に今何をすべきか

考える時間を作ることが賢明だと経験から気づけた。

そしてそれが活かせるように行動していく。

静と動のバランスをうまくとることを目標にしたい。

抱負を宣言するあたりが、自然には到底なりきれないけど、

年が明けようと、初日の出と呼ぼうと、季節が巡ろうと、

変わりなく訪れる一日の時間を惜しみなく全うしたい。

その佇むような時間の積み重ねでしか、

行けない場所があるということを信じて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

これから

次の記事

子供たちの気持ち