内なる声と外の声

お客様と話をする機会が増えたことが、

テイクアウトの時と大きく変わったことで、

どんなサービスもお客様が望んでることを、

汲み取って叶えてあげることが優先される。

困りごとや、抱えてる問題、お店がどうあってほしか、

話を聞いてみると、自分の考えだけでは気づけない

視点が得られて、とても勉強になる。

入念に考えた答えがこれだと思って世に提示しても、

完璧であることはほぼなくて、改善するべきことは

まだまだたくさんあると思い知る。

もちろん人によって考え方はそれぞれだし、

全員の意見を聞き、全員の望みを叶えることは

不可能だけど、聞くという行為そのものが大切だし、

認識して深く知るということはやっぱり大切だなあと、

あらためてサービスの真髄に触れている感覚がする。

だからといって、お客様の意見に寄り過ぎても

自分のこだわりが薄まってしまうので、

何がよくて何がいけないかの判断には、

度々迷うし、深く落ちる時が波のように訪れる。

基準が自分にあるのは当然のことだけど、

どれだけ主張を強くしていても、お客様がいてこそ

成り立つお仕事だから、望む声をしっかり聞いて上で、

反映させてこそお店の存在が成立するのも事実。

そこのバランスはほんとに答えのない問いなので、

均衡点を探すのがとてもむずかしい。

結局のところ、そこで発生してるのは、

人と人との関わりなので、

論理よりも感情を優先させないといけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

美味しい食べかた