素直になれる

ひとつの同じ世界で過ごしていると、

どうしても考え方や慣習が凝り固まってしまうし、

プライドばかりが高くなり、偏りも生まれてしまう。

その分、時間をかけて習得した技術や知見は、

アイデンティティを形成するし、誰にも真似できない

プロフェッショナルの領域で尊いこと。

飲食業界に20年以上も一生懸命携わっていて、

それなりに技術は肌感覚で身についたと思うけど、

お客様に作りたてを食べて欲しいとか、

丁寧にしか作れないとか、ある意味頑固になっていて、

他の人の意見を聞きづらい状況になっていた。

いいとか悪いとかではなく事実として。

今、少し料理の世界とは距離を置いていて、

(サボってるわけではありません)

俯瞰して見ることで、よくも悪くも今までは狭い

世界にいたのだと気づくことができた。

新しい分野の活動を挑戦するにあたって、

右も左もわからない初心者で、自分の無知さに

まだまだ未熟者だと感じずにはいられない。

わりと感性だけで生きてきたので、論理的に

考えると脳みそが悲鳴を上げているような気がする。

でも、わからないことをわからないと素直に言える。

素直に人の話も聞ける。素直に相手を尊敬できる。

今までならありえなかったことが起こっていて、

素直におもしろいと思えるようになった。

餅は餅屋、プロフェッショナルも尊いけど、

何も知らないからこそ生まれるアイデアもまた尊いし、

世界を変える可能性をじゅうぶんに秘めているから、

何事においても一概にこれが正解だとは言い切れない。

反省。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

感情のやりとり

次の記事

作る人の価値