ひとつずつ 少しずつ

最近、夜にデリバリーをしてるとよく思う。
世界の片隅のこんな小さな宝塚という街にも
たくさんの家があって人がいて、
それぞれの生活や家族の物語が
そこにあるのだということを。
しかも、その中でも
MEEKの存在を知ってくれていて
その料理を口にしてくれるのは、
ごくごくわずかの人たち。
当たりまえのことだけど、世界の広さを実感する。

デリバリーは確かに効率が悪い。
でも、お客様がどんなお家に住んで
暮らしているのかを想像することは
お店として、理解を深める上で
大切な作業のうちの一つではないかと思うわけです。

たくさんの人に、
よろこんでほしいという気持ちはあるものの、
一人の人間にできることには限界がある。
ましてや、料理なんて時間の芸術だから
短くて狭い世界に存在するもの。
とにかく、こんな時代だからこそ
ひとつひとつ丁寧な作業と行動で
たとえ少しずつでも、前に進んでることを確認できたなら
きっといつかは遠くまで行けることを信じて。

関連記事

  1. なぜやるのか

  2. 考える時間をつくる

  3. ちょっとした未来予測

  4. 小売の未来

  5. 若者に言えること

  6. とにかくビジョン