コミニュケーションとしての食

最近、世の中全体がギスギスしてるように感じる。

コロナの影響もあるだろうし、先の見えない不安感が、

無意識のうちに、些細な行動に現れるのでしょうか。

大きな価値転換が起きてる中で、新しいルールが生まれ、

みんな慣れず戸惑い、どこかちぐはぐな印象を受ける。

もはやソーシャルディスタンスは曖昧で、

レジ袋の有料化が環境の役に立ってるのかも曖昧で、

なんのためにしてるかの意味を考えないまま、

身体性だけが環境に馴染んできている。

そうなるとなにか問題が起きた時に、

お互いに齟齬が生じてしまうことになりかねない。

お店とお客様の関係も当てはまる。

やっぱりただ商品を売買するだけのやりとりでは、

動機として、どこか表面的で味気ない。

お店側は、商品を作るために込められた想いや、

どんな人に届けたいかを、普段から発信しないといけないし

お客様側も、その商品のどこが好きで、何を買ってるのかを

しっかり考えて買うと、もっとお互いの関係性は深まって、

買いものが楽しいものに変わりそうなものなのに。

特に個人でやってるようなお店は、

各々に情熱を持って取り組んでるので、

発信して、汲みとって、理解し合えるのが理想的な世界。

外食なんて、本来はお腹を満たすだけの食事だけど、

もっと深掘りしていけば、食を通して交わされる

コミニュケーションの場であるはず。

でもそれは日常的に努力して積み重ねていくもの。

あらゆる人間関係に当てはまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

意識の差

次の記事

終わりは始まり