自分の人生だけを生きよう

個人が意見を自由に発信できる時代になった。

子供から大人まで、スマホひとつで世界とつながる。

SNSをはじめ、口コミやレビューにチャットツール。

言葉のリテラシーがなくても、発信ができるようになった。

いい言葉も悪い言葉も、多くの人の目にさらされる。

質の悪い言葉を放つ当事者は、さぞかし快感なのだろう。

悪口や陰口がなくなることはない。

質の悪い言葉を受け取った方はどうだろう。

誹謗中傷が社会問題にもなっている。

なにげない一言で、心に深く傷がつく。

なにげない一言が、受け取る側に溜まっていく。

なにげない一言は、人を死にすら追い詰める。

悪口を言った人は自覚すらないのは厄介の極み。

自分の正義感を相手に押し付ける。

自分の世界観を相手に押し付ける。

これだけ多様で正解のない時代においても。

嫌いという感情は無知から生まれる。

知る努力もせずに頭ごなしに相手を否定する。

賢い人は決して人の悪口なんて言わない。

自分の貴重な時間を、嫌いな相手に使いたくないから。

悪口を言うことに、なんのメリットもないから。

自分の意見で誰かの人生を変えようなんておこがましい。

干渉ほど人生の無駄使いはない。

自分を変えれるのは自分だけ。

関連記事

  1. 作り手の心意気

  2. 孤独との戦い

  3. 生かされている

  4. 離れて考える

  5. 分断の未来

  6. 自由への欲求