あたたかい雨

久しぶりの営業日。

スープが一品だけ、キムチの臭い、チゲ、何屋さんだ。

炊き出しのようなイメージで、公園で食べて

温まるような風景を想像していたけど、あいにくの雨模様。

ほとんどがご予約のお客様だったけど、

SNSを見てきてくださった方もちらほら。

予約の縛りがないことで、ずっと会いたかった

お客様にも久しぶりに会うことができた。

予約でしかできないこともあるけど、

飛び込みでしかできないこともある。

あらためて偶然の出会いに少し心が動いた。

個人的でわがままな営業に理解してくださったり、

スープだけのために雨の中を、遠いところ

ご来店くださったり、感謝でしかありません。

寒い日になんとあたたかいことでしょう。

長く調理という現場で仕事をしてきて、

お客様と接するということに慣れていたので、

その環境がやっぱり落ち着くのだろうか。

料理は作るところから提供するまで、

一連の流れ全部に携わることができる仕事。

充実感というか、達成感というか、

ひと仕事感は他の職種よりあると思う。

そんなことを再認識した一日だった。

世界で一人だけあたたかい雨の日だった。

関連記事

  1. こい願わくは④

  2. ふたつの世界

  3. 底辺職業

  4. 探して見つかったのは前からあったもの

  5. 休日という概念

  6. もう修行はいらない