努力について

努力とは、ある目的を達成するために、

気を抜かず力を尽くして励むこと、と書いてある。

自ら努力してます、なんてとても言えない。

周りが評価するものでもあると思う。

それに目的を達成して結果が出てはじめて、

その過程が努力だったと認定されるような気もする。

結果が出なければ努力は意味がないのか、

そう考えると今までこれといって自慢できる結果を

残せてないので、すべての努力は水の泡。

いやいや誰にでも自慢できる結果があるわけじゃない。

努力とは、目的に向かって前向きに取り組んだ

姿勢にこそ意味があるのではないでしょうか。

何かの技術を習得しようとする努力。

自分を成長させるための努力。

仕事で成功するための努力。

一番難しいのは人間同士が向き合う努力。

努力は続けた方がいいに決まってる。

でもなかなか成果が出ないと諦めたくもなる。

今していることは本当に意味があるのかと問いたくなる。

境界線が目に見えるものではないため、

引き際や見極めがとてもむずかしい。

そこにかけた時間、かけたお金を考えると、

だめだったとしても経験と学びは確実の残るはず。

結局、効率の問題なのか。

限られた資源で、どれだけの成果を出すか。

いつも上手にできる人が羨ましい。

自分の努力は超絶非効率だと思えるから。

関連記事

  1. とりあえずやってみる

  2. あいだにあるもの

  3. 子供と過ごせる時間

  4. 変化を楽しむ

  5. 勝手に動きだすとき

  6. 手ざわり感