自然にできること

ようやく暖かさがあらわれて日曜日にお天気がいいと、

なんとなく穏やかな空気感が街をおおっている。

春が近づいてくると自然と身体を動かしたくなってくる。

不思議なもので植物と同じように、人間も意思とは関係

なく思いのほか気温に振り回されているのだ。

料理を始めてからもう25年もの月日が経っている。

果たして上達しているんだろうか。

美味しさを追求できているんだろうか。

思うような結果を出せているんだろうか。

お店をしているくせにいつまでたっても自信がない、

と言っていいものなのかどうか。

そんな心持ちとは裏腹にお客様は料理を口に運び、

美味しい美味しいと絶賛してくれる。

テイクアウトではなくゼロ距離で温かい料理を食べてもら

えることは、作り手としては最高のおもてなし。

その反応もまたゼロ距離で返ってくる。

意外と自分にとって当たり前にできていることは、

他者から見てすごいことだったりする言う。

事実、料理を作っている時は頭で考えるというよりも、

自然と身体が動いて作っているような感じ。

別に星つきのレストランでもないし、

メディアに取り上げられるわけでもないし、

積極的に宣伝もしていないから認知度もそこそこ、

でもまがいなりにも今まで料理を作ってきた長い時間は、

そう簡単に誰かに抜かれるものではない。

自分が自然にできていることをもっと俯瞰して見てみよう。

そうしたらもう一人の自分が褒めてくれるかもしれない。

晴れた日曜がぼんやりと自然にそんなことを思わせる。

関連記事

  1. 解放されている解釈

  2. 感情の生まれる場所

  3. 気づかないうちに

  4. 好きな世界観

  5. 何かをはじめるために大切なこと

  6. 食からはじまる豊かな記憶