小さなお店にSNSはいらない

SNSはお店をしている人にとって欠かせない

便利な宣伝ツールになっている。

実際、その恩恵を多大に受けたお店のうちの一つだ。

オープンの時期は、何よりもお客様にお店の存在を

認知させることが一番はじめのアクションになる。

情報を拡散させるメリットはとても大きい。

でも時代も早いスピードで変わってきていて、

今は溢れんばかりの情報の中から選ばれるには、

写真のクオリティや撮り方、

いかに一瞬で惹きつける見栄えにするかなど、

コンテンツの内容よりも視覚性が優先されていて、

テクニックの域に寄っているような気がする。

すらすらと下から上に流れていく情報、

言葉で伝えたいことがある人にとっては、

文章はほぼ読まれない傾向にあるので期待はできない。

フォロワーの数はファンの数というより、時代に

合っているかどうかを示す数字に近いと言える気がする。

目的は何なのか、誰に何を伝えたいのか。

本来、小さいお店の商圏はよっぽどの観光地でない限り、

近くに住む人がほとんどではないのか。

ネットを通して知ってもらうことも重要だけど、

持続性を考えるなら近場の人にアプローチをかける方が、

小さいお店にとっては関係性を築きやすい。

SNSをしていないお店でも賑やかなところはある。

変わらない場所で、変わらないメニューで

いつも待ってくれているお店。

新しい情報に勝る信頼関係がそこにはある。

SNSに頼らなくてもいい人間関係を構築していくことは、

お店をする人にとって普遍の心理であるように思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

お店という場所

次の記事

迷えるとき