金沢で感じたこと

石川県金沢に行ったのは中学生の修学旅行以来。

中学生が兼六園に行って何を得れるんだと思っていたけど、

一度訪問してることで記憶のフックになってることは確か。

旅行という非日常体験は脳に印象を強く残す優れもの。

価値観や文化の違いに触れる絶好の機会。

移動した総量は人生を心の面で豊かにしてくれる。

 

連休ということもあって観光客はとても多く、街全体に活

気があった。

定番の金沢城や兼六園、美術館から古き良き街並みまでが

一箇所に凝縮されていて、観光地のために作られたのかと

思えるほどバランスが整っているように感じた。

お洒落なお店も多くデザインや意匠にも優れていて、新し

さと伝統がうまく融合されている。

実際に若い人で街が賑わっている印象だった。

 

大人になってから歴史のある場所に行くと、より深い洞察

で積み重なってきた時間の重みを感じることができる。

庭の美しさも、情緒あふれる街並みも、お城の形さえから

も先人たちの叡智がつまっていることがわかる。

料理を生業としていることもあって、食材が魅せる美味し

さもまた格段に感じ方が違ってくる。

いくつか調味料を買って試してみたけど、どれも洗練され

ている印象を受けた。

 

日本の文化を大事に活かしつつ、駅前の鼓門や21世紀美

術館のような新しさが上手にアップデートされている。

職業柄どうしてもデザインやマーケティングの視点で物事

を眺めてしまうけど、よく考えられているなあと感心した。

映えを意識して写真を撮りたくなるようなデザインだった

り、お土産を意識した商品作りであったり、インターネッ

トともうまく連動させて集客を続けさせる仕組み作りが、

大昔の人たちから考えられているような気がした、とても

学びの多い旅になった。

また行きたい。

そりゃ撮りたくなる
夕焼けが映すシルエットよ
お城の石垣さえもオシャレに見える
2日連続で行った兼六園(320円と良心的)
未来のみんなで木を守っていく
21世紀美術館、もちろん撮りたくなる
鈴木大拙館、静寂と瞑想、小雨さえも情緒
市場の活気、写真はフグ、のどぐろが絶品だった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

一人という制約