絶えない悩み

前もってメニューを決めるのがすごく苦手。

全体の構成を考えながら物事を進めるのが料理においても

文章においても思うようにいかない。

とりあえずたくさんの種類を作ってみる。

色や形や食感やカテゴリーや季節を気にしながら。

考えられているように言ってみてるけど、実際はぼんやり

としながら作っているのが現状で、この悩みは一向に改善

の兆しがない。

いつもぎりぎりまで全体が決まらなくて焦ることが多い。

苦手なことってどこまでいっても苦手なまま。

人によって向き不向きはやっぱりあると思っていて、向い

てないことに時間をかけすぎても消耗してしまうだけ。

苦手なことは得意な人に任せてしまいたいところだけど、

一人でお店をやっていたらそうもいかない。

というかメニューを決めるのは一番大事なことだ。

自分にとって何が得意かとよくよく考えてみたら、たくさ

んの種類をひとつひとつ丁寧に作っていることが、自分に

とっての強みではないかと最近になってようやく自覚でき

るようになった。

それぞれの料理が盛り合わさることでまた一つの作品とな

る。

盛り合わせの手順も深く考えているわけではなく、感覚と

アドリブを頼りに作っていることが多い。

それが仕上がってみると意外とまとまっている。

ぎりぎりまで悩んでいるくせに、終わってみたら達成感が

あったりしていつも不思議な感じ。

でもはじめの決まらないヒリヒリ感はいつまでたってもい

い心地がしない。

その熟考した時間があったからこそ全体がまとまるのかも

しれないけど。

関連記事

  1. わからなさを受け入れる

  2. 手から生まれ残るもの

  3. デザインとは考え方

  4. 美味しいよりうれしい

  5. 適していることがすべて

  6. そういうシステムからの脱却