自然体がいい

だれかが落ち込んでる時や、へこんでいる時は励ましてげ

ようと、いいことを言おうという意志がはたらく。

困っている人を助けたいとか、何かの役に立ちたいなど、

善意の気持ちって相手にとってほんとに嬉しいことなのか

は、結局のところ自分ではわからないもの。

人から感謝される言葉や行為は、故意ではなく意外と無意

識にとった行動の時の方が多い気がする。

あの時に言ってくれた一言が忘れられないとか、あの時に

してくれたことで救われたとか、そう言われてもなんのこ

とか覚えていない。

昔読んだ本の一文とか、昔観た映画のセリフが不意に思い

出されて心にささることもある。

時間が経ってから効いてくることがあるのは、今の自分が

やっと受け入れる準備が整ったということなんだろうか。

心の状態がよくない人に励ましの言葉は逆効果だなんて

言われるのは、そういうことかもしれない。

相手のためによかれと思ってとる行動が無駄になるという

ことは、自分本位ということなのか。

だれかのためっていう気持ちはどこまでいっても自分のエ

ゴが混じっているのかもしれない。

心のどこかでこう思われたいとか、称賛されたいとか、た

とえ意識をしていなくても。

今の社会規範に生きている以上、見返りを求める体質にな

ってしまっているから仕方なくもある。

そう考えるようになってからは、いい意味で相手と少し距

離をとるくらいがちょうどいいと思えるようになった。

自然体が一番いい。

簡単そうに見えることが難しいのは世の理だけど。

関連記事

  1. 相手のためにできること

  2. 引き立てる役割

  3. お店の魅力

  4. 大人になるということ

  5. ひとつだけのお店

  6. 進む時間と巡る反芻