推しと応援

推し店、そんな風に表現されたらなんとなく恥ずかしい。

「推し」という言葉を最近よく耳にする。

好きなものや人を応援しているという意味合いだと思うけ

ど、ファンとはまたニュアンスが少し違うような気がする。

昔は手の届かない距離にいた人が、今はネットによって誰

でもSNSのアカウントを持つようになって、有名人との距

離がだいぶ近くなった。

プライベートな姿を見せ、平和な雰囲気を漂わせ、一緒に

なって成長していくといった感じが、「推し」のイメージ。

この言葉があることで、誰かや何かを推してると言いたく

なるし、自分の推しを探そうとする。

推し店という言葉をはじめて聞いていいなと思った。

ただ好きというよりなんとなく応援が含まれている。

応援したいという気持ちは、応援する方も応援される方も

お互いの満足度を高くさせるエコシステム。

応援する方は充足感を得られるし、心の支えにもなる。

度が過ぎるくらいお金をつぎ込む人もいるけど、その人が

そのことで幸せを感じているならそれもありなのだ。

応援される方は、もちろん励みになるし次もがんばろうと

思えるし、活動を続けていく上での一番のエネルギーにな

っていると言っても過言ではない。

物質的な豊かさから精神的な豊かさに向かう時代に、応援

という言葉は自分の中でも大きなキーワード。

お金ではなく気持ちを払うというか、応援が世界共通の通

貨になればいいのに。

どうしたら応援される人になれるかを考えるようになれば、

誠実になれるし悪いこともできなくなる。

そんな文化が育っていくことを願うばかり。

推し店という言葉、流行ってほしいなあ。

関連記事

  1. それ相応の環境

  2. ふたつのあいだ

  3. 人が見えるデメリット

  4. じゃあどうするか

  5. 春を歩く

  6. 価値観と感性のあいだ