時代のお作法

どうも動画作りやライブ配信とかが苦手な分野で時代についていけてないなと思う。
インスタのストーリーズやリールは使ったことがないし、ほとんど見ることもなかった。
お客様から指摘されて見てみると、みなさん上手にしていらっしゃる。
なるほど、プラットフォーマーさんが人々の行動様式を先導しているなという印象も受けた。
どんな手段だとしてもお客様が喜んでくれているならきっと結果オーライなのだ。
簡単でわかりやすくて考えなくてもいいコンテンツが注目を集めるような時代感。
適応するのがベストだとわかっていても、苦手なことを克服するにはハードルが高い。

今となってはお店をするにしても美味しい料理を作っているだけで集客することはむずかしく、SNSの使いこなしはわりと必須のスキルとなりつつある。
何人かで運営してるなら個々の能力にあった役割分担もできるけど、一人の場合だと全部をバランスよく担当しないといけない。
冷静に考えてそんな万能感があるなら、はじめからこんなところにはいないはず。
それでもできる範囲でがんばってみるけど、動画だけは手を出しづらい。

料理のまわりにあるもの。
接客、空間、インテリア、センス、人柄、SNS運用。
お店をするにも考えないといけないことがいっぱいあって大変な時代になってきた。
これからもどんどん変わっていくんだろうなあ。
果たしてどこまでついていけるんだろう。

関連記事

  1. ミニマリズムへの問い

  2. 続けていられる

  3. 余白をつくる

  4. 時間の壁

  5. 地道に緻密に

  6. 文化の違い