いちに余裕

人生を豊かにする方法、のような問いかけに対して、ビジネス書をめくればだいたい知識!行動!信念!好奇心!挑戦!なんて書いてあります。
たしかに間違いはないしごもっともな要素だとは思うのですが、何よりも先に余裕をもつことが大切だと思っています。
時間の余裕、お金の余裕、心の余裕のトータルバランス。
若い頃は目の前のことに必死で、どの余裕もまったくと言っていいほどなかったと言い切れます。
長時間労働に低賃金、飲食の世界はまあブラックです。
そんな時代でした。
今ようやく心の余裕だけができてきたくらいで、いまだに時間もお金も余裕はありません。
実体験として、やっぱり余裕がないとどうしても視野が狭くなってしまいますし、自分を客観的に見ることが難しくなってしまいます。
そんな時に、挑戦しようと言われても聞こえてきませんし、情報に触れようともしません。
ひどく疲れている時には、身体に悪いとわかっていてもインスタントにすましてしまうし、甘いものを食べてしまったり、自分に言い訳をして楽な方にいくものです。
そして後悔をするという悪循環のループに入っていく。
これは意志の問題ではなく生きものとしての力学的な働きなんだと思います。
余裕をつくることを考えるにも思考の余裕がある程度は必要なので、何にもしない時間を意図的につくるのがいいかもしれません。

関連記事

  1. 知の共有地

  2. ぼくの料理観(後編)

  3. ゆっくりと

  4. 俯瞰して見ること

  5. 間借りについて

  6. その場所に在るもの